永遠の日向ぼっこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 永遠の様子。

<<   作成日時 : 2005/11/10 23:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

担当の方に電話して永遠の様子を聞いた。
比較的、落ち着いているらしくご飯も残さず食べている様だ!
それに担当の方が、永遠を良く見ていて面倒も良く見てもらっている様子がよーく分かった。

永遠はもしかしたら名古屋に行って一番ホッとしているのかも?と、思う事がある。
永遠はリーダーとしての器じゃない。
それを私も含め皆が心の何処かで、我が家の中の犬のリーダーにしょうとしていたかも?
ここ最近、顔が急激に白くなってきたのもそのせい?

先生から、永遠君の事を毎日考えて想ってやって下さい。それが、自分を(私達の事)責める様な事でも、(永遠に)謝る事でもいいですよー。自分達の素直な思いをそのまま想ってやって下さい。
その想いは必ず離れていても永遠君に伝わる筈だからー。

勝手な言い草だが、私はこの言葉で本当に救われたー。
そもそも永遠がこうなったのはやはり私達の責任!
永遠には何の罪も無い!
この言葉が無ければ、今頃私は毎日自分を責め悩み続けていたかも?
だからと言って、永遠に申し訳無い!と云う気持ちには変わりないが・・・。
何と言うか、前向きな気持ちで自分を責められる!と云う感じかな?

話し変って、永遠が日向が来て間もない頃にご夫婦に興奮して飛び付き怪我をさせたお宅。
そこのお宅はそのテラス側にあり、家のテラスの前を通らないと外には出れない。
最近、天気の良い暖かい日はリビングの窓を開け、テラスにフリーで出れる様にしている。
永遠が居た頃は、やはり申し訳無いから・・・。と思い全く開けていなかった!
が、永遠も居ないし、まだコロコロしていた頃の日向には抱っこしてくれたり、撫ぜてくれたりしていたので開放したのだが・・・。

日向がテラスに出ている時にそのお宅の玄関のドアーの音がして、日向のシッポの振りが激しくなったので、私も出てみると奥さんが玄関からこわごわこちらを覗いていた。
私が怖いですか?と聞いたら、はい!と即答で帰って来たー。
あの奥さんには多分日向と永遠の違いが分かっている筈。
それでも怖いのだ!もう家の子=怪我させる犬。の感覚なのかな?
本当に申し訳無い事をした!
怪我をさせたご夫婦には近づけないように細心の注意をするが、問題は家の方。
これからの時期はそこの窓を開けなくても何とかなるが、春先や初夏が問題。
こちらも何かの対策を考えるしかない。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
永遠の様子。 永遠の日向ぼっこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる